人気のコスメや、敏感肌のためのコスメ、ボディケア、健康や美肌にいい、おいしい飲み物や食べ物などの口コミブログ。

ビューティミモザ|美肌と健康のためのあれこれ

美肌、健康のための飲食物

大豆イソフラボンは美肌にも健康にも

更新日:

DHCオンラインショップ

女性ホルモン エストロゲンの働き

エストロゲンの働きは、卵胞を成熟させ、受精卵の着床を準備する以外にも、肌の新陳代謝を促進、髪のツヤ、ハリを保つ、皮下脂肪を発育させ、丸みのある女性らしい体を作る、骨を丈夫にする、自律神経を安定させるなど、様々な働きをしています。

でも、加齢とともにエストロゲンは減少してしまいます。

そこで、注目を浴びているのが、大豆イソブラホンです。

大豆イソフラボンで補おう

大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをし、抗酸化物質の1種で、細胞にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑えてくれるともいわれています。
大豆イソフラボンは、納豆、豆腐、味噌、豆乳、きなこなどにも、多く含まれます。

大豆イソフラボンを効果的に

大豆イソフラボンの働きは多岐にわたるので、それぞれの働きをサポートする栄養素や、食品と同時に摂取すると効果が高まります。
大豆イソフラボン

肌を美しく

肉や魚、卵などのタンパク質と、コラーゲンの生成を助けるビタミンCを積極的にとるようにします。
ビタミンCは、緑黄色野菜や、果物に多く含まれていますね。

お魚やお肉に、お味噌汁、そこに緑黄色野菜をプラスした献立はいかがでしょう?
食後にデザートを食べるなら、果物にしましょう。

悪玉コレステロールを下げたい

青魚や、きのこ、海藻類などの食物繊維と組み合わせてとるようにします。
青魚に含まれるDHAや、EPAには、血中の悪玉コレステロールと、中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする効果があります。
また、食物繊維には、食事でとったコレステロールを吸着して排出する働きがあります。

さばや、あじに、きのこを焼いたものをつけあわせ、海藻類たっぷりのお味噌汁はいかがでしょう?

私も、さばの塩焼きが大好きで、週に1~2回は食べています。

骨粗鬆症を防ぎたい

カルシウムを豊富に含む牛乳や小魚、青菜などの食品を一緒に食べましょう。

朝食時に、ミルクをプラスするのもいいと思います。

大豆製品を取り入れた和食中心の食生活が、とても好ましいということですね。

外食中心の食生活だと、大豆イソフラボンが不足しがちです。

そのような場合は、サプリメントで補うのも手ですね。

>>>DHCオンラインショップへ

>>>FANCL ONLINE ショップ TOPへ

ファンケルオンライン

-美肌、健康のための飲食物
-

Copyright© ビューティミモザ|美肌と健康のためのあれこれ , 2017 All Rights Reserved.