スキンケア大学もおすすめの肌育 オールインワン化粧水【セカンドシーズンローション 口コミ】

   

肌育 エイジングケアがコンセプトのオールインワン化粧水セカンドシーズンローション

スキンケア大学でもおすすめされています。

北海道日高産サラブレッドプラセンタエキスや、8種類のオーガニックエキスなどを配合。

成分にもこだわり、その効果や品質は、開発者自ら確認されているのだとか。

敏感肌乾燥肌に、実際に使ってみた感想を書いています。

second-season-lotion-reviews-2

肌育エイジングケア セカンドシーズンローションとは

second-season-lotion-reviews-1

【SECOND SEASON】ローション お試しモニターサイズ

・内容量:50ml(約2週間分)

・価格:2,980円(税・送料・代引き手数料込)

※今なら新美容液のサンプルもプレゼント

肌自身がもつ保水力と回復力に着目して、健康な肌をサポートするのが「肌育エイジングケア」です。

セカンドシーズンでは、こだわり抜いた厳選素材のエイジングケアエキスを使った独自のレシピで、「肌育エイジングケア」を提案しています。

セカンドシーズンローションは、これ1本でOKのオールインワンローションです。

美容成分は美容液級の高配合量だから、これ1本で充分な保湿とエイジングケアが可能、忙しい朝のお手入れもワンステップでOK。

スプレー式なので、そのまま顔からデコルテにかけての広い範囲に吹きかけることもできます。

ミスト状のローションなので、メイクの上からでも潤いを与えられます。

サラリとした感触なのに、内側からふっくらと立ち上がるような潤い感で角質層を満たします。

この内側からの潤いが、エイジングケアの肌悩みをケアする最初の一歩、「美肌スパイラル」の始まりです。

なぜサラブレッド馬由来のプラセンタなのか?

second-season-lotion-reviews-4
セカンドシーズンローションは、北海道日高産サラブレッドプラセンタエキスを配合しています。

肌育エイジングケアをサポートしてくれる近年注目の美容成分の一つが「プラセンタ」です。

プラセンタは、動物の胎盤から抽出したエキスですが、ここには胎児の発育に必要なあらゆる栄養素が含まれています。
塗布することで、肌が自ら健やかに育つサポートが期待できます。

最近では「植物性プラセンタ」なども見かけますが、動物由来のプラセンタとは全く異なるものであり、植物由来のものには成長因子などの栄養素も含まれていません。

また、動物由来のプラセンタの中でも、馬由来のものは必須アミノ酸をも含み、栄養素の種類も量も豊富です。

特に、サラブレッドの胎盤から抽出された「サラブレッドプラセンタ」は、アミノ酸含有量だけを比べても普通馬の3~4倍にもなり、栄養価が高いことが特徴です。

胎盤をもつ国産サラブレッド馬は日本国内に2000頭前後しかおらず、大変希少な上、北海道産のサラブレッドプラセンタエキスは、品質管理、衛生管理に優れているのが特徴です。

では、北海道日高産サラブレッドプラセンタエキス以外にどのような成分が含まれているのでしょうか?

>>>【SECOND SEASON】ローション サラブレッドプラセンタと8種類のオーガニックエキス配合

セカンドシーズンローションの成分

second-season-lotion-reviews-3

セカンドシーズンローションは、敏感肌にも優しい天然由来成分が、99.9%

北海道日高産のサラブレッド馬より酵素分解法により抽出した「サラブレッドプラセンタエキスと臍帯エキス」、「エミューオイル」、「有機アルガンオイル」、「オタネニンジン根エキス」その他8種類のオーガニックエキスなど、動植物由来のパワフルなエキスを配合。

ローションのベースとなる水には、ケイ素水クロイダルミネラル水をブレンド。

また、セカンドシーズンローションに配合されている成分は、開発者自らが自分の肌で検証し、その効果と品質を確認しています。

香料は、ウッドベースの爽やかな天然アロマの香りで、高野槇、ヒノキ、サンダルウッド、シダーウッド、フランキンセンス、ロサリナ、パイン、ホーウッド、ニアウリの9種類をブレンドしてます。

【全成分表示】
水、BG、グリセリン、プラセンタエキス(ウマ)、サイタイエキス(ウマ)、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、オタネニンジン根エキス、セージ葉エキス(オーガニック)、タチジャコウソウエキス(オーガニック)、ゴボウ根エキス(オーガニック)、カミツレ花エキス(オーガニック)、アルテア根エキス(オーガニック)、ローズマリー葉エキス(オーガニック)、セイヨウハッカ葉エキス(オーガニック)、ホホバ葉エキス(オーガニック)、エミュー油、アルガニアスピノサ核油、グリコシルトレハロース、PEG-40水添ヒマシ油、加水分解水添デンプン、フェノキシエタノール、エタノール、香料

セカンドシーズンローションの使い方

洗顔後、適量をコットンに取り、優しくパッティングしながらよく肌に馴染ませます。

または手のひらに適量を取ってから、優しく肌に入れ込むようにしながら丁寧に馴染ませます。

※乳化剤不使用のため、分離することがありますが品質には問題はないとのこと。(よく振って使用します。)

セカンドシーズンローションを使ってみて

second-season-lotion-reviews-2
肌育 エイジングケア、オールイワン化粧水、セカンドシーズンローションを早速使ってみました。

セカンドシーズンローションの、お試しサイズの50mlは、小さめなので、ポーチなどに入れて持ち運びしやすいサイズです。

スプレー式で便利ですが、押すのに少し力が入ります。

second-season-lotion-reviews-5

ワンプッシュでけっこうな量が出ますが、ミスト状で出るようになっています。

香りはほのかに、爽やかな香りで、テクスチャーは、さらっとしていますが、肌に伸ばすと、しっとりとうるおっている感じです。

オールインワン化粧水というのは、私は初めて使いますが、他の化粧水と比べて、しっとり感が高いかなって思います。

口コミを見ていると、これだけでしっとりとするので、他のものは不要といった感想が多いですが、「これだけで大丈夫?」って少し勇気が入りますね。

私は結局、これだけで済ますことはまだできないのですが、それは、セカンドシーズンローションを使い始めたばかりの場合や、乾燥の悩みが長く続いてきた場合は、肌本来の保湿力が失われている可能性があるからだそうです。

元々人間の肌には保水する機能が備わっていて、肌が健康であれば、必要な皮脂も自然と分泌され、オイルなどで「フタ」をしなくても大丈夫なのだそう。

最初は、仕上げのオイルやクリームなどを使って様子を見ながら、保水力のある肌に育てていけばいいとのこと。

セカンドシーズンローションを使ってみてまず感じることは、敏感で乾燥が気になるお肌にとてもやさしいということ。

天然由来成分が、99.9%だなんて驚きです。

セカンドシーズンローションは、お肌にやさしく、しっとり感が高い化粧水なので、これからも様子を見ながら、肌育エイジングケアしていきたいなって思います。

セカンドシーズンローションはこんな方におすすめ

敏感肌や乾燥肌でも積極的なエイジングケアがしたい。」セカンドシーズンのローションは、そんな切実な思いから生まれました。

・いくら保湿を重ねても乾燥が止まらない
・洗顔後すぐに化粧水をつけないと乾燥を感じる
・何もつけていないとシワっぽい
・昔より肌が薄くなったような気がする
スキンケアで肌が赤くなることがある

お肌の敏感な方は特に、まずはお試しサイズで試されるのがおすすめです。

スキンケア大学もおすすめされている肌育 エイジングケア、セカンドシーズンのローション、おすすめです。

>>>【SECOND SEASON】ローション サラブレッドプラセンタと8種類のオーガニックエキス配合

 - 敏感肌のスキンケアコスメ , , , , ,